油分でフタは実は間違い!保湿のカギはセラミド

化粧水で十分に保湿をした後で、乳液を使って油分でフタをするというスキンケア方法は一般的に知られていて行っている方も多いと思いますが、実は間違ったスキンケアなのです。
油分は肌を乾燥から守ってくれるという考えが浸透していますが、果たして何が間違いなのでしょうか?
実は、最近の科学的分析で、油分には肌の保湿にあまり効果がないことが立証されたのです。
その為、油分を塗っても、その隙間をぬって水分が蒸発してしまうのです。
実際に、このようなスキンケアを毎日行っていても、乾燥肌から抜け出せない人も多いことでしょう。
油分の分泌が盛んな10代~20代の人には油分が含まれている乳液は全く必要のないアイテムなのです。
多くの場合30代でも不要なことがほとんどです。
本当に必要なのは油分の補充ではなく、保湿成分の補充なのです。
年齢と共に肌が衰えてくる原因も油分不足が原因ではなく、保湿成分の不足が原因なのです。よって、保湿成分が含まれているスキンケア商品を選ぶことが最も重要になってきます。

真の肌の乾燥の原因をご存知でしょうか?
油分不足と思われがちですが、実はセラミドの減少が大きく関わっているのです。
セラミドとは肌の角質層の細胞と細胞の間でスポンジのように水分をつなぎ止めて溜め込む役割を果たす肌にとっての必須成分です。
このセラミドはなんと言っても保湿に優れており、低湿度の中でも蒸発することなく、肌の水分が蒸発しないように吸着する力があります。
また、紫外線やほこり等の外部の刺激から肌を守るバリア機能があり、美しい肌を保つ為には欠かせない存在です。
このセラミドがきちんと補充されていたら、乾燥肌、外部刺激での肌荒れ、アレルギーを起こすことも少なくなります。
本来セラミドは肌の奥から生まれてくる成分で、誰の肌にも元々存在するものですが、現代社会では不足している人がほとんどです。
しかし、化粧品等から肌に直接つけて補うことが出来て、その機能はとても効果的です。
セラミドのこの優れた保湿効果とバリア機能が注目され、最近ではアトピー性皮膚炎の症状にも効果が期待されており、研究が行われています。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト