年代別!じょうずな肌ケアのポイント

10代の肌はホルモンの分泌が活発になるため、皮脂の分泌量が増え、ニキビができやすくなります。

過剰な皮脂はニキビなどの肌トラブルの原因になってしまいます。
皮脂対策には、とにかく肌を清潔にすることが大事です。
スキンケアのキーになるアイテムが洗顔です。
化粧水のような「与える」スキンケアは、若い肌には逆にバランスを崩してしまう原因になることも。
洗顔料の「落とす」アイテムを上手に使いましょう。

洗顔料はたっぷりと泡を立てて、優しく肌の汚れを落とします。
こすって肌を傷めないよう、泡で包み込むように洗うことが大事です。

20代になると、肌質が変わってくる人が多いのではないでしょうか。
10代は脂っぽかったのに頬の部分が乾燥するようになった、という人は少なくないはず。
20代になったら水分と油分のバランスを整えることをメインに考えてスキンケアしましょう。

使用したいアイテムは化粧水と乳液です。
べたつくアイテムが苦手だからと乳液を避ける人がいますが、そのべたつきは乾燥が原因かもしれません。
肌の乾燥を補うため、皮脂の分泌が過剰になっている可能性があります。
水分量が足りているか、きちんとチェックすることが大事です。
肌が敏感になりやすかったり、毛穴が開いていたりすると、水分不足の可能性ありです。

30代以上になると、年齢による肌の衰えが気になってきます。
しみ、しわ、たるみなど、肌悩みが次第に深刻になってきます。

エイジングケアを考え始める年齢ですが、特別なケアをする前に、まずは保湿をしっかりすることを考えましょう。
乾燥はしわやしみに大きな影響を与えるため、肌老化を食い止めるにはしっかり保湿させることが必要です。
特別なケアを始めるのはその次です。

保湿ケアにプラスしたいアイテムが、肌全体の底上げをしてくれる、美容液です。
美容液は一般的に化粧水や乳液よりも有効成分がたっぷり入っているので、効果的にエイジングケアできます。
美容液を選ぶ時に注目したいのが、配合成分です。
人気なのが、年齢とともに減っていくコラーゲンやヒアルロン酸が配合された商品です。
ハリツヤアップに効果があると言われているプラセンタや、しわを目立たなくしてくれるレチノールも注目成分です。
解消したい肌悩みに効果的な成分が配合されていることをチェックして、選ぶのがポイントです。

また、見た目年齢を左右する目元や口元のケアも始めましょう。
目元口元は特に乾燥しやすい部分。
専用のアイテムをプラスすると効果的ですよ。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト