ホルモンバランスの乱れは肌トラブルに直結

女性男性共に男性ホルモン女性ホルモンどちらも体内の中に持っています。ニキビや肌荒れの原因のひとつに、ホルモンバランスの乱れが原因という物があります。ストレスや不健康な生活を送り、男性ホルモンが過剰に分泌される事によりニキビ肌や脂っぽい肌になってしまうと言います。

男性の場合は、テストステロンという男性ホルモンが体の中で常に安定して分泌しています。なので、皮脂油が沢山出てしまい顔がてかてかと脂っぽくなってしまう、またはニキビが沢山できてしまい悩む方も多いと思います。変わって女性の場合は、エストロゲンという女性ホルモンとプロゲステロンという男性ホルモンに似た働きをする女性ホルモンが体調の変化やストレスにより日々変動しています。

なので、綺麗だった肌が生理前に急に荒れ、ニキビだらけになってしまったと言う経験も有ると思います。それは、生理の前にプロゲステロンの分泌が増えてしまう事が原因です。この様に男性ホルモンが過剰に分泌されてしまうと肌のトラブルが起きやすくなってしまいます。

また、肌荒れを引き起こす男性ホルモンとは逆に女性ホルモンのエストロゲンは肌の質を良くしてくれる働きがあります。そのエストロゲンの働きを良くする成分はマカ・大豆イソフラボンが有名です。マカは更年期障害の症状を改善し、女性ホルモンを安定させるのに効果があると言われています。

大豆イソフラボンには女性ホルモンと似た働きがあり、肌を整えるための化粧水に良く使用され、大豆イソフラボン商品は女性に大変人気が出ています。また、果実の柘榴には、エストロンが含まれており女性ホルモンにとても良く働きかけてくれます。

その他にも女性ホルモン分泌の手助けになる、ビタミンE・ビタミンB6の含まれる明太子やモロヘイヤ、レバーやまぐろなどを摂取するのもホルモンバランスを整える上で大切です。偏った食事を見直すだけで、ホルモンバランスが整えられか肌荒れが改善されます。

また、男性の場合でも外食やコンビニ弁当を控え、バランス良い食事に変えるだけで、肌のトラブルを改善する事も可能です。また、どちらも規則正しい生活を送り、ストレスを貯めこまない事がホルモンの安定への近道になります。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト